第8回ベストマザー賞2015 発表・授賞式

2015年5月7日(木)開催

 

IMG_9897

 

主 催:特定非営利活動法人日本マザーズ協会

場 所:浜離宮朝日小ホール(東京都中央区築地)

特別協賛:メディケア生命保険株式会社

 

報道内容はこちら

 


 

 

第8回ベストマザー賞2015 受賞コメント

 

【 芸 能 部 門 】  永作 博美

 

『謹んで承りました。
母としては若輩者である私のような者が戴けるとは思いませんでしたので驚きました。恐縮ではありますが大変嬉しく思います。母として奮闘する毎日に改めて感謝したいと思います。有難うございました。     永作。』

 


 

 

【 文 化 部 門 】 高島 彩

 

このたびは、ベストマザー賞をいただきありがとうございます。

満足いく母乳が出ず、お腹を空かせて泣き叫ぶ子供を前に涙した朝、
流しにたまった汚れた食器の山に、怠けている気がして落ち込んだ日、
高熱で痙攣する我が子を抱きしめ続けた不安だった夜。
娘との毎日はてんやわんやで、すっとこどっこいの連続ですが、はじめての寝返りの感動
や、ママと呼ぶ声の愛おしさや、眠っている娘の匂いや、そんなもの全てが私の生き甲斐
となり家族の喜びとなっています。

ベストマザー賞だなんて、身に余る光栄。
ありがたすぎて気恥ずかしいくらいですが、この賞をプレッシャーに感じることなく、
ほどよく力を抜きながら、合言葉は「ケセラセラ」、陽気な母でいることを心がけて子育てを
楽しみたいと思います。
受賞の喜びを、日頃から大きな愛で家族を包んでくれている主人と、互いの家族と分かち
合いたいと思います。

また、子供たちが喜んで飛び出せる社会を作っていくことも、母として社会人としての努め。
すべての偉大なお母さんと力を合わせて、よりよい未来を子供たちに残せるように活動して
いけたらと思います。

最後に、日本マザーズ協会の活動が、これからも日本のお母さんたちにとって、寄り添い
背中を押してくれる母のような存在でありますよう願っております。

 


 

 

【 音 楽 部  門 】 渡瀬 マキ

 

3月に中学を卒業した息子からもらった両親への手紙に
「マキちゃんはおっちょこちょいですね。もう少ししっかりしてほしいとおもいます。」
と書かれてあり、苦笑いをするしかなかった私ですが、このような素敵な賞をいただき感無量です。
と同時にそんな私を支えてくれている家族、友人、仲間、スタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。
私も多くのお母さんたちと同じように、失敗したり、凹んだり、悩んだりの毎日です。
でもきっと数十年後、この子育ての時期を振り返った時「あの時間はとても愛しい時間だったんだ」と、しみじみ感じるのでしょうね
だから、ライブの翌日に抜け殻状態でお弁当を作ることも、歌詞製作中に邪魔されて何を書きたかったか忘れてしまうことも、全部「有り難き幸せ」と日々噛みしめながら過ごしています。
《朝出かける子供達を笑顔で見送る》これをモットーに、たった数年しかない子育てを楽しみたいと思います。
そして息子にダメ出しされないようもう少ししっかりしたお母さんにならなくてはだめですね(笑)
最後になりましたが、日本マザーズ協会の活動により
女性たちが笑顔で子育てができる希望の光となりますよう心より願っております。
この度は誠にありがとうございました。

 


 

 

【 スポーツ 部 門 】 小笠原 歩

 

このたびは、ベストマザー賞・スポーツ部門に選んで頂き、素直に嬉しいです。ありがとうございます。みなさん、私の名前をご存知なんでしょうか?と、驚いています。
世界を転戦していますと、母親になっても競技に復帰して活躍する欧米のカーリング選手の姿に私も復帰を決意し、四年が経ちました。昨年はソチオリンピック出場を果たし、
自分自身、さらなる高みを目指し、競技を続けています。
子どもには、合宿や遠征等で離ればなれになり寂しい思いをさせてばかりです。トレーニングがきつく、私が寝かしつけているようでも、実は子どもより私が先に寝てしまうこともあります。しかし、母親が夢に向かって挑戦し、努力する姿を子どもに見せること。それが私なりの子育ての一つです。
周りの協力なくして、私の挑戦は、できません。この賞は、私たち親子を取り巻く全てのみんなと頂いたものです。
母親だから夢をあきめるのではなく、母親でも夢に向かって一歩を踏み出す少しの勇気があれば、その道・その環境は拓けるんだと、競技人生を振り返りますと感じます。
また、日本マザーズ協会の素晴らしい活動に、心から賛同しています。この賞に恥じぬようこれからも精進します。本日は、まことにありがとうございました。

 

 


 

 

【 文 芸 部  門 】 高野 優

 

私事ですが、今春、長女が大学に入学、
そして、小さくて泣いてばかりいた三女が中学生になるということもあり、
どこからか、子育ての第1ラウンド終了のゴングが聞こえてくるような…。

もちろん、これからも保護者としての役割はたくさんありますが、
まっすぐにこちらを見つめ、まっすぐに腕を伸ばし、
「お母さんじゃなきゃいやだ!」と言う時期は終わったんだなと、
半分はほっと胸をなでおろして、もう半分はなんだかさびしくて。

そんな思いを抱えているときにこのような賞をいただき、
「18年間、おつかれさま」と、あたたかく声をかけられたようで、
驚きと喜びでいっぱいです。

「ベストマザー」とは180度かけ離れたわたしですが、
「ベストグランドマザー賞(!)」を夢見て、
子育ての第2ラウンドも、ファイティングポーズでのりきります。

日本マザーズ協会の優しく力強いエールが、
ひとりでも多くのお母さんたちへ届くことを願い、
メッセージとさせていただきます。

 


 

 投票アンケートより代表的なコメント

2015発表

【 芸 能 部 門 】  永作 博美

・プロとしての仕事の部分と、ママとしての優しい雰囲気を感じます。
・素敵な女優さんでも自分たちと同じように育児に向き合っている姿勢が共感します。
・ママになっても、いつまでも若くてナチュラルな可愛さを感じて憧れます。
・母親である事と仕事の両立に向き合っていて素敵です。

 

【 文 化 部 門 】 高島 彩

・綺麗で可愛いママで憧れます。そして出産の喜びを大切にしている姿勢がとても素
敵です。
・色々な体験を乗り越えて素敵なママになっていて応援したいです。
・いつもTVの中では笑顔でキラキラしていますが、沢山の不安の中で出産、子育てを
されたことに勇気づけられました。

 

【 音 楽 部 門 】 渡瀬 マキ

・色々な記事を読んで普通に子育てをし普通に悩んでいる様子が同じママとして
親近感を持ちました。
・仕事と子育てが上手にリンクしていて、楽しく子供と関わっている様子が伝わって
きます。
・子育てに専念する為、解散し、また、元気に復帰され仕事と家庭の両立を頑張っ
ているのが素敵です。
・全力投球で音楽そして、子育てに関わる姿が素敵なママだと感じ見習いたいで
す。

 

【 スポーツ 部 門 】 小笠原 歩

・出産後、復帰して活躍する姿は、勇気と元気をもらいます。
・アスリートとママの切り替えを徹底している姿勢が凛としていて共感します。
・母親として頑張る姿を子供に見せる事を大切にされている感じが、働くママとして勇
気をもらいました。

 

【 文 芸  部  門 】 高野 優

・子供がいる幸せを、思い出させてくれて何度も救われました。
・温かくて優しくて子育て出来てよかった、子供を産んで良かったと心から思わせ
てもらいました。
・しみじみと飾らない言葉に心が癒され、母親も十人十色であるということに安心し
感謝しています。

 


 

 

お子様の年齢 (2015年5月7日現在)

 

 

【 芸 能 部 門 】  永作 博美    子供2人(長男 4歳、長女 1歳)

【 文 化 部 門 】  高島 彩      子供1人(長女 1歳)

【 音 楽 部 門 】  渡瀬 マキ   子供2人(長男15歳、長女 11歳)

【 スポーツ 部 門 】  小笠原 歩    子供1人(長男 5歳)

【 文 芸 部 門 】  高野 優      子供3人(長女 18歳、次女 16歳、三女 12歳)

 

※上記年齢は全て2015年5月7日時点の年齢です。